1. Home
  2. /
  3. Apparel
  4. /
  5. Sony
  6. /
  7.  Crashing, crashing

 Crashing, crashing

 Crashing, crashing

15,000円 14,000円
Item #: aaa-40875
Stock: 10in stock (The item will be delivered at next day)

  • Quantity
Share |

Reviewer:
ぴ めい
Post date:
17/10/2014 Friday

 上質な国産の毛織物で仕立てた紳士服の魅力が注目されている。

 上質な国産の毛織物で仕立てた紳士服の魅力が注目されている。

 戦前普及した低速の織機などで丁寧に織られた生地で、着るほどに体になじむのが特徴。低価格の量産品と違い、流行に左右されず、長く愛用して服を「育てる」感覚を楽しめる点が、男心をくすぐるようだ。

 ガシャン、ガシャン。愛知県一宮市にある「葛利毛織工業」の工場を訪ねると、「ションヘル織機」が大きな音を立てて動いていた。

 ドイツの織機などを参考にして日本で製造され、1920年代に普及した織機だ。幅約1・7メートルの生地を1日に10メートルしか織れない。現代の高速織機の4倍以上の時間がかかるが、「ゆっくり織るため繊維を傷めず、手織りのような優しい風合いになる」と専務の葛谷聰さとしさん(41)。

 同市周辺は「尾州びしゅう」と呼ばれ、日本有数の毛織物の産地だ。ションヘル織機は高度成長期の1970年代に3万台以上あったが、次第に生産効率のいい高速織機に代わっていった。もっとも毛織物は90年代以降、生産は減少の一途。今も残るションヘル織機は250台程度とされる。

 時代遅れと思われた織機が生み出す織物は、生地



Is this review helpful? Yes   No    Report


Tell your friend about this product. Fill the form below and click the 'Send' button.

Your name *
Your email *
Your friend's name *
Your friend's email *
Message to your friend *
Manufacturer info