アパレル

ションヘル

商品詳細に戻る

カスタマーレビュー

投稿者:
ぴ めいさん
投稿日:
2014年10月17日 金曜日

ドイツの織機などを参考にして日本で製造され、1920年代に普及した織機だ。幅約1・7メートルの生地を
ドイツの織機などを参考にして日本で製造され、1920年代に普及した織機だ。幅約1・7メートルの生地を1日に10メートルしか織れない。現代の高速織機の4倍以上の時間がかかるが、「ゆっくり織るため繊維を傷めず、手織りのような優しい風合いになる」と専務の葛谷聰さとしさん(41)。

 同市周辺は「尾州びしゅう」と呼ばれ、日本有数の毛織物の産地だ。ションヘル織機は高度成長期の1970年代に3万台以上あったが、次第に生産効率のいい高速織機に代わっていった。もっとも毛織物は90年代以降、生産は減少の一途。今も残るションヘル織機は250台程度とされる。

 時代遅れと思われた織機が生み出す織物は、生地の目が詰まっていてふくらみがあり、しなやかで弾力がある。最新の織機では作り出せない魅力があり、上質


このレビューは参考になりましたか? はい   いいえ    報告する



レビューを作成する

レビューを投稿するにはログインしてください。
この商品のメーカー